消費税

2017.5.25

消費税

今年の3月からフィットネスクラブに通いだしました。
毎年の健康診断結果が年々悪い傾向になっていたからです。
妻からも「何とかしてほしい」「痩せる気あるん?」などと、いつも言われていました。

そして、やっと重い腰を上げ、3月から始めました。
最近は運動らしいことも全くしていなく、軽い気持ちで「月会費分いけたらいいなあ。」と思っていました。

私が始めたコースは平日の夜9時以降のみです。
子供たちが寝る準備をしてから出かけます。

最初は現在の筋肉量や体脂肪など測定し、何をすれば痩せるかというメニューコースが作られます。
ランニングマシンは○○分、マシンはウェイト○○kgの負荷で何回×数セットなんて・・・

私の場合は月に4回行けば月会費の元は取れるのですが、それでは意味がないので週4日行くことにしました。
久しぶりの運動で、すぐに筋肉痛になりました。
3日坊主にならないよう、軽く軽くとメニューをこなしていくのですが、ジムに来ている人は、楽しんでいる人とひたすら痩せるために運動している人など目的は色々でしょうが、みんなまじめにしています。

なので、私もジムでは黙々とひたすら、体を動かします。
すると、最近かいたことのない量の汗が・・・
当然、のどが渇いてきます。

周りを見ると、皆さんペットボトルかマイボトルを持参しています。
そこで、私も毎日、スポーツ飲料を持参するようにしました。

≪消費税の話≫

160円?
最近はコンビニで飲み物を買うことが多いのですが、ジムでは自販機で飲み物を買います。
すると500mlの飲み物が160円!「あれっ。150円じゃないのか。」と思いました。

知らない間に、少しづつ値段が上がっているように感じました。
2014年4月1日より消費税が8%に引き上げられた際に、大手飲料メーカーは500mlのペットボトルを150円から160円に値上げすると発表したらしいのです。

飲んでる量は同じなのに1月で一本損。
毎日1本。1週間で4本。1か月で16本。といことは10円×16日で160円。
160円あったら、もう一本買えるやん。

飲んでる量は変わんないのに。

消費税、恐るべし・・・

しかし、この消費税、私たちが造っている家にもかかってきます。

同じ家なのに40万円の差!

建物が2,000万円だとすると、消費税は160万円で合計2,160万円になります。

これが、10%にアップすると、消費税は200万円で合計2,200万円になります。

その差額は40万円です。

ちなみに当社であれば、40万円あれば○○や△△などといったオプション工事やランクアップ工事をすることが出来ちゃいます。

しかも、多くの皆さんが見落としがちなのが...
最近は、家づくりをされる方の多くが、住宅ローンを利用しますが、例えば35年固定金利を選んだ場合で考えてみましょう。

住宅ローンを利用した場合は100万円の差

住宅ローンを組んだ時の35年固定金利が1.2%だった場合、
税込2,160万円で住宅ローンを組むと返済額は約2,643万円になります。
税込2,200万円で住宅ローンを組むと返済額は約2,695万円になります。
その差額はなんと52万円となります。
この52万円に元々の消費税の差額45万円を合わせると約100万の差額となります。
同じ家を建てるのであれば、安いほうが良いと思います。

他にも、カーポートやウッドデッキなどの外構工事や引っ越し費用などにかかる消費税でも、数十万円も変わってくる場合があるので、家づくりの資金計画を立てる際の参考にしてみてください。

ちなみに、今のままだと、家づくりに関しては東京オリンピックの前年2019年10月までに「お引渡し」できた場合には、消費税8%が適用され、それ以降のお引渡しの場合は10%となりますので、ちょっとでも家づくりにご興味のある方は、まずは当社にご相談ください。

ちなみに、フィットネスクラブに通いだして2か月半、体重は約3キロ減量、体脂肪率は6%減少、腹囲は10㎝減少しました。
体重の減り方が少ないのは筋肉量が増えているからだそうです。
もう少し頑張ってみます。

松山市で本物の自然素材を使ってパッシブデザイン(COLABO STYLE)で注文健康住宅を建てるなら地域密着工務店、宮脇建設

ブログ一覧へ戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. ブログ日記消費税