子育て世代の悩み1

2017.6.23

子育て世代の悩み1

先日、5歳と1歳のお子様を持つご夫婦からご相談を頂きました。

そこで、お話させていただいた、弊社での「子育てに人気の仕様」をご紹介します。

≪子供部屋の梁≫

「今は子供が小さいから兄弟一緒にいることが多いけど、子供部屋は分けておいたほうがいいのかな」

「二人で広く使ったほうがいいのかな」

多くの方がこのように悩まれたりします。

そんな悩みをお持ちの方につきましては、
入り口が2つの、1つ部屋をご案内させていただいています。

そして、部屋の真ん中に梁を通します。

そうすることで、
将来ご兄弟姉妹ができた際には
壁や収納などで部屋を2つに分けることができるのです。

もちろん「完全に2つには分けたくない」という場合は、
壁ではなく、アコーディオンカーテンなどで仕切ることも可能です。

現在、そのお客様は部屋を二つには分けず、広い部屋で使用しています。
兄弟やお友達と楽しく遊んでいるようです。

でも、これが正解というわけではなく、皆さんの家庭で様々なパターンがあります。

当社ではお子様の成長に合わせてアレンジできる家づくりで、
将来的な暮らしを見据えた家づくりをご相談しています。

松山市で本物の自然素材を使ってパッシブデザイン(COLABO STYLE)で注文健康住宅を建てるなら地域密着工務店、宮脇建設

ブログ一覧へ戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. ブログ日記子育て世代の悩み1