夏のお風呂、シャワーと湯船につかるのはどっちがエコ?

2017.7.13

夏のお風呂、シャワーと湯船につかるのはどっちがエコ?

まだ梅雨明けしていませんが、気温が30度を超える日も増えてきました。

少し動いただけでも汗がびっしょりです。

そんな暑い日はシャワーで済ませたいと思っている人も多いはず。

でもシャワーは水道代がかかりそう、シャワーと浴槽にお湯を貯めるとでは、どっちがお得なのかな?と迷うときはありませんか?

一般的なシャワーの湯量は1分間で約12リットルだそうです。

我が家の場合はお湯の量を少なめに設定して浴槽に貯めます。
(浴槽の形状によっても変わってきます。)

一般的には約200リットルで浴槽にお湯がいっぱいになるようです。

時間にすると約16~17分です。

つまり17分以内の使用であれば浴槽にお湯をはるよりもシャワーの方がお得ということになります。

我が家の場合はお湯の量を少なめに設定して浴槽に貯めます。
(浴槽の形状によっても変わってきます。)

データによると4人家族以上だとシャワー+湯船が良いと言われています。

3人家族までならシャワーの方が省エネだそうです。

お風呂に関する省エネなら、シャワーヘッドを手元止水ボタン付きシャワーヘッドやエアーインシャワーに変えることでも水道代の節約になります。

松山市もつい最近取水制限が始まりました。

雨は降っているように思われますが、ダムの水は前年に比べると少ないようです。

家庭でできることで、市民の水を確保することが出来るかもしれません。

これから、まだまだ暑い日が続きますが、いろいろな工夫で省エネが出来そうですね。

皆さんの生活にも取り入れてみませんか?

松山市で本物の自然素材を使ってパッシブデザイン(COLABO STYLE)で注文健康住宅を建てるなら地域密着工務店、宮脇建設

ブログ一覧へ戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. ブログ日記夏のお風呂、シャワーと湯船につかるのはどっちがエコ?