パッシブZEH???

2018.2.6

パッシブZEH???

まもなくゼロエネ住宅を着工します。

しかも、パッシブデザイン住宅も兼ねます。

もしかしたら、松山初のパッシブZEHかもしれません。

ただ、皆さん、あまり聞きなれない住宅ですよね。

大手ハウスメーカーの展示場などにもZEH標準仕様なんてのぼりを目にしますが、パッシブデザイン住宅という文言は目にしたことがありません。

今回、建設する住宅は補助金を利用しますのでBELSを取ります。

住宅性能評価・表示協会に登録された登録BELS機関に省エネルギー性能を評価・表示してもらいます。

家の性能を分かりやすく、誰でもわかるように☆で表示されます。

当然、☆の数が多いほど性能が良いということです。

今回の住宅はMAXの5つ☆です。

そこに、パッシブデザインの要素を取り入れます。

パッシブデザイン住宅に関する説明は、他のバナーに用意していますのでここでは省略させて頂きます。。

今回の最大の注目は蓄熱体です。

蓄熱体とは?

目的は室温を安定させることです。

最近は、松山市でもすごく寒い日が続き、雪が舞う日もあります。

朝の外気気温は0度前後です。

雪が降っている日は私は歩いてジムに行くのですが、帰りの時間には道路が凍っている時もあります。

四国は温暖な地域と思っている人がいますが、スキー場もあります。

そこそこ寒い地域でもあります。

少し話がずれましたが、蓄熱体があると冬場は昼間の太陽熱を蓄熱します。

太陽熱なのでタダです。

昼間ため込んだ熱を夜からは放熱していきます。

これで、室温が安定していきます。

しかも、蓄熱体は維持費はゼロです。

維持費ゼロで熱源は太陽熱でタダ。

凄いエコです。

これは、冬場役立つだけでなく、夏場も力を発揮します。

つまり、1年中、無料で使い放題。

電源も何もなく、メンテナンスも無しです。

完成見学会では披露したいと思いますので、ぜひ見学に来てください。

松山市で本物の自然素材を使ってパッシブデザイン(COLABO STYLE)で注文健康住宅を建てるなら地域密着工務店、宮脇建設

ブログ一覧へ戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. ブログ日記パッシブZEH???