地震

2018.4.9

地震

4月9日未明に地震が起きました。

震源地は島根県で、松山市は震度3でした。

松山市では芸予地震以来、大きな地震はありません。

松山市は台風や地震などの災害が少ない地域で、多くの方が安心しきっていると思います。

ただし、今後予想される東南海地震はいつ来てもおかしくありません。

松山市も例外ではありません。

皆さんも自分たちでできる事、防災セットなどを用意するなど対策をしてください。

私たち工務店ができることといえば、地震にも耐えれるしっかりした住宅を提供することです。

今、宮脇建設では耐震等級3を標準仕様としています。

以前も申し上げましたが、皆さんマイホーム建設に際し多大な住宅ローンを組まれます。

そのマイホームが地震で倒壊なんてことにならないよう努めています。

ただ、現在の建築基準法では阪神淡路大震災くらいの地震に対して1回は耐えれます。

しかし、熊本地震のように震度7クラスの地震が2回来ると分かりません。

耐震等級3は震度7クラスの地震が数回来ても耐えうる住宅なのです。

現在、当社では耐震等級3同等のパッシブデザイン住宅を建設しています。

まだ基礎工事の段階ですが、鉄筋の数や補強筋、間仕切り箇所など普通の基礎よりも複雑でしっかりしています。

つい最近も、瑕疵担保保険の基礎の配筋検査を行いました。

第3者機関が基礎の鉄筋の太さや間隔など隈なくチェックします。

興味のある方は、構造見学会に参加することをお勧めします。

完成見学会では外観など出来上がったところのみ見ることが出来ます。

しかし、構造はどうなっているのでしょうか?

皆さん心配じゃありませんか?

多くのハウスメーカーや地域ビルダーでは完成見学会は開催されていますが構造見学会はあまりしていません。

私たち宮脇建設では、住宅の隅々までお見せします。

構造見学会の日程が決まりましたら、また情報をUPします。

宮脇建設では、お客様の安全を第一に、安心安全な住宅を提供していきます。

松山市で本物の自然素材を使ってパッシブデザイン(COLABO STYLE)で注文健康住宅を建てるなら地域密着工務店、宮脇建設

ブログ一覧へ戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. ブログ日記地震